青汁はいつ飲むといいのか?

「青汁はいつ飲むといいのか?」
青汁を飲む時間に決まりはありません。
ですが習慣にしやすい時間というのはあるようです。
まずは目覚めた時に飲むということです。
朝食前でもいいですし、朝食を摂りながらでも構いません。

睡眠中は知らない間に汗をかいたりなどをしているために体内の水分の割合が低下しています。
そこに野菜の栄養成分がふんだんに入った青汁を飲むことで、体内にいきわたりやすくするのです。
また朝食を食欲がないとか、時間がないとかで食べない人にはせめて青汁を飲んでください。本来ならきちんと食事を摂るべきなのですが、実際に朝食を食べない人が多いのが現状です。
時間があるようなら青汁を飲んでからしばらく待って朝食を食べてみましょう。
青汁には胃の調子を整える効果もありますので、すんなり入るかもしれません。

また食事の前に飲むという人はダイエットをしている人に多くいます。
食事の満腹感を出すためと食欲を抑えるために効果があるといわれています。
ただし量をそのままにして全部食べるようにしてはまったく効果がありませんので、始めから抑えた量を用意しておきましょう。

子供の場合などはおやつと一緒に出してあげたり、青汁入りのおやつなどを作って一緒に食べるというのも楽しい摂取方法です。
または汗をかいた時やお風呂の前後の水分補給に飲むのもいいでしょう。

そして就寝前に飲むという人もいます。
ケールの青汁には睡眠ホルモンたるメラトニンが含まれているために、良い睡眠をとるために飲んで寝ます。
また他の青汁であっても就寝前の水分補給は重要ですし、就寝中は副交感神経に変わりますので、青汁の栄養素を運びやすく、また腸を活性化させて朝に排泄しやすくします。
ただし腸が気になって逆に眠れないという人もいますので、試してみて睡眠妨害になるようでしたら、飲む時間を変更した方がいいでしょう。

基本的に1日に決められた青汁を飲むのは自由に決めてよいのです。
自分が飲みやすく忘れない時間に飲むようにしましょう。

こちらに青汁の無料お試しが掲載されています。