青汁の正しい飲み方

「青汁の正しい飲み方」
基本的に青汁に飲み方などは決まっていません。
唯一決まっているのは1日に飲む量で、それぞれのメーカーによって違いますので、説明種などをよく読んで、決められた量以上を飲まないようにしましょう。
何故ならば青汁には野菜の食物繊維が豊富に含まれているために、摂りすぎてしまいますとお腹を壊してしまうということになるのです。
もっともこの食物繊維が腸を動かし、老廃物を排出するという便秘解消の効果をもっているといってもいいでしょう。

飲む時間なども特に決まってはいません。
ただもし青汁を飲むことに目的をもっているのならば、飲む時間は決めた方が効果的です。
例えばダイエットが目的で青汁を飲む場合は、食事前が満腹感を促して食事を控えめにするという効果が期待できます。もったいないからと無理して食べたら意味はありませんので、始めから少なめにしておいた方がいいでしょう。

また便秘に悩んで青汁を飲みはじめた人は就寝前に牛乳やヨーグルトなどに一緒に混ぜて、飲んで寝ると夜中に腸が動くことで、朝に快便になります。
ただしお腹が気になって眠れなくなるという人もいますので、そういった人はすぐに時間を変えてください。

また青汁には熱に弱い成分がありますので、熱いものにはなるべく混ぜないようにしてください。
また砂糖を加えても折角のビタミンBが摂取されなくなりますので、どうしても甘くしたい場合は蜂蜜を加えるとよいでしょう。
また子供にはよくても乳児には蜂蜜や青汁は良くありませんので、与えないでください。

大人の場合には腎臓病を患うと処方されるワーファリンを服用している方は折角の効果を青汁のビタミンKが壊してしまう可能性が指摘されていますので、飲まないでください。
他にも飲むのを禁止されている病気や青汁に含まれている何かにアレルギー反応を起こしてしまうということもありますので、そういう時には医師に相談してください。
それ以外の人は長期に渡って飲める青汁を探すことから始めましょう。
こちらのサイトの青汁で美肌が手に入る?の解説ページも大変興味深いです。ぜひご覧ください。